17:42 2018年11月20日
火星

31日は火星観測の絶好のチャンス

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

7月31日は火星を観測する絶好の機会だ。火星は7月末に地球に接近し、9月上旬まで大きく見える。共同通信が報じた。

スプートニク日本

最も接近する31日には5759万キロまで近づき、15年ぶりの距離となる。

日本国内では火星の見え方はどこでもほぼ変わらず、東京では19時前に空に昇り始める。

なお、今月27日から28日にかけては見事な今世紀最長の月食が起きた。

関連ニュース

タグ
科学, 宇宙, 火星
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント