14:57 2018年08月21日
研究室

京大、iPS細胞でパーキンソン病の臨床試験へ

© Fotolia / Alexander Raths
テック&サイエンス
短縮 URL
143

京都大学のグループが、iPS細胞を使った難病パーキンソン病治療の臨床試験を8月1日から開始する。日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

パーキンソン病は、脳内でドーパミンという神経伝達物質が減り、手足の震えや体のこわばりなどが起こる難病。

NHKによると、京都大学の高橋淳教授らのチームは、iPS細胞からつくった神経細胞をパーキンソン病患者の脳内に移植し、ドーパミンをつくりだすことで治療を目指す。

日本国内にはパーキンソン病の患者が約15万人いるという。

共同通信によると、「パーキンソン病でのiPS細胞を利用した治験は世界初」となる。

対象となる患者が募集され、8月1日から臨床試験が始まるという。

関連ニュース

マウスの細胞は人体が自ら体重を制御する助けになるかもしれない

高齢者でも脳細胞は甦っている 研究

タグ
研究, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント