20:57 2018年08月21日
バミューダトライアングル(イメージ、マップ)

バミューダトライアングルの謎 学者らが船舶沈没の原因に迫る

CC BY 2.0 / NOAA's National Ocean Service / The Bermuda Triangle
テック&サイエンス
短縮 URL
130

英サウサンプトン大学の教授らは、多くの船舶などが消息を絶つことで有名なバミューダトライアングル(フロリダ半島とプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角地帯)の謎に迫り、その原因が破滅的な波「悪党波」にあると結論付けた。

スプートニク日本

研究者らは、わずか過去百年間で何千人もの命を奪った謎を解明した。

太西洋の「悪党波」、またはこの地域で「放浪波」と呼ばれるものが、はじめて観測されたのは1997年。研究者らは、この波を破壊的で100フィート(1フィートは30.48cm)と記録した。

その上、この波はどこからでも現れ、どんな頑丈な船でも転覆させてしまう。

情報サイト「セイリング・スカートルブット」が伝えるところ、研究者らは、船を沈められる「爆発波」を実験用プールに発生させた。研究者らは、1918年に魔のトライアングルで消息を絶った大

型船USSサイクロプス号(180m級)のサンプル船を製造し実験を行った。その結果、バミューダトライアングルの「悪党波」に関する仮説を確認することができた。

バミューダトライアングルのコンピューターによるモデル解析の結果、研究者らは、この波の高さが30メートルに達するという結論を得た。

以前、研究者らは、バミューダトライアングルで船舶は、メキシコ湾流の強い流れにより航路から外れたと推測していた。また同様に、大陸棚からメタンガスが定期的に大量に発生し、水の密度が低下し、船が単に水上に浮かべなくなったという説もあった。

関連ニュース

タグ
自然, 研究, びっくり, 怖い, 科学, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント