07:17 2018年10月22日
豪 先史時代の巨大ザメの歯、浜辺で発見

豪 先史時代の巨大ザメの歯、浜辺で発見

© AFP 2018 / William West
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

ホホジロザメよりも2倍大きかった先史時代の巨大ザメの一揃いの歯が、オーストラリアの浜辺で古生物学愛好家によって発見されたと、「Phys.org」が伝えている。

スプートニク日本

同誌によると、フィリップ・マラリーさんは、メルボルンから約100キロの所に位置するジャン・ジャックという場所を散策していた時、ユニークな物体を偶然見つけた。

ミュージアム・ヴィクトリアの古脊椎動物学・主任学芸員を務めるエリック・フィッツジェラルド氏は、発見された長さ7センチの複数の歯が「カルカロクレス・アングスティデンス(Carcharocles angustidens)」として知られる絶滅した捕食動物のものであることを確認した。

このサメは、およそ2500万年前にオーストラリアの海に生息し、小さなクジラやペンギンを常食としていた。9メートルを超える長さに成長していた可能性もある。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント