22:51 2018年09月19日
ロシアの学者(アーカイブ写真)

露遺伝学者ら、将来の子供の外見「算出」を習得

© Sputnik / Valery Melnikov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

ロシアの学者らが、両親のDNAを比較して、その子供の特徴の一部が将来、どのように見えるかを確定することを可能にするプログラムを開発した。開発者らは、人工授精技術の大規模な普及に伴い、同プログラムが不可欠なものになる可能性があると考えている。医学・遺伝学センター「Genotek」の広報部が明らかにしている。

スプートニク日本

同センターの最高責任者、ワレリー・イリインスキー氏は、「大部分の親たちが、健康で美しい子供を持つことを夢見ている。我々によって開発されたアルゴリズムは、既に今日、将来の子供の特徴を予測することを可能にしており、時が経てば、妊娠を計画する際の心積もりのために不可欠なものとなるかもしれない」とコメントしている。

学者らは最近の数年間、顔や身体の様々な特徴の形状を決定する遺伝子を積極的に探している。遺伝学者らは、これらの遺伝子の働きに障害があると、子供の発達障害や様々な形の身体障害を含む、深刻な病気の進展につながることがよくあると考えている。

ロシアの学者らは、人間の外見に対して30種類の様々な遺伝子が及ぼす影響を算出するアルゴリズムを開発。学者らは、「子供のオーダーメイド」や、胎児形成の自然過程への介入を目的にこのアルゴリズムを利用することは呼びかけていないと指摘している。このようなことは今日、ロシアや英国、中国、カナダ、そして他の多くの国々の法律によってはっきり禁止されている。しかし、例えば、命に関わるほど危険な病気の進展リスクが高いもとで、胚の選別が医学的データに基づいて行われる場合、「Genotek」のアルゴリズムを似たような目的のために利用することができるようになる。

関連ニュース

タグ
健康, 研究, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント