17:01 2018年09月19日
シベリア

シベリアの現象が地球温暖化を加速

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
テック&サイエンス
短縮 URL
123

シベリアやアラスカでサーモカルストが形成されるケースが増えており、科学者らが危惧感を表している。サイエンス・アラートが報じた。

スプートニク日本

調査の結果、シベリアではサーモカルストがますます多く出現するようになっていることがわかっている。

サーモカルストは地下の氷が大量に溶けだした結果、地表の沈下が呼び起こされて形成される。ところがそれよりもはるかに多いのが永久凍土が溶け出して形成されるケースだ。

アラスカ大学のケイチ・ウォルター・アンソニー氏は、「サーモカルストが形成されると、永久凍土の溶けだすスピードは著しく加速されてしまう」と指摘している。

サーモカルストの形成で氷に閉じ込められていた二酸化炭素とメタンガスが大量に放出され、これによって地球温暖化はますます進んでしまう。

関連ニュース

シベリア永久凍土の融解で危険な病原体が放出される可能性

タグ
自然, 環境, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント