11:08 2018年12月14日
学者ら「50歳より後の視力保護に役立つのはオレンジ」

学者ら「50歳より後の視力保護に役立つのはオレンジ」

© Fotolia / Janis Smits
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

毎日、少なくとも1食分のオレンジを食べる人では、加齢黄斑変性の悪化リスクが60%低下することをオーストラリアの学者らが突き止めた。

スプートニク日本

明らかになったところでは、少なくとも1食分のオレンジを毎日食べていた実験参加者は、加齢黄斑変性の悪化リスクが60%を超えて低下したという結果を得た。1週間に1回オレンジを摂取した場合であっても、病状の経過予想の顕著な改善が示された。

加齢黄斑変性は、年長の人々が視力を失う原因として、広くみられるものに属する。

今回の研究でも、50歳を超えたオーストラリア人の7人に1人において、加齢黄斑変性の兆候があると発表されている。

他ならぬ年齢が、最も強いリスク要因となっている。この病気は、50歳より後に発病するケースが最も多いのだ。現在、この病気に対する治療薬はない。

関連ニュース

生物学者「ダークチョコレート、視力を改善」

タグ
医学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント