11:17 2018年09月19日
隕石

「クフ王のピラミッドに匹敵する大きさの小惑星が地球に接近」=NASA

© Fotolia / Elenarts
テック&サイエンス
短縮 URL
0 122

クフ王のピラミッドの高さを超える直径の小惑星が地球に向かって接近しつつあることを、米航空宇宙局(NASA)のデータが物語っている。

スプートニク日本

小惑星「2016 NF23」は、地球から0.05天文単位(750万キロ)未満の距離を通過するため、NASAによって「潜在的に危険」と分類されている。

NASAによる評価では、小惑星の大きさは直径が70~160メートル。学者らのデータによれば、小惑星は秒速9キロを超えるスピードで移動しており、29日には地球に最も近い距離に接近するという。

関連ニュース

NASA、珍しい二重小惑星を発見

小惑星探査機「はやぶさ2」 約3年半の飛行を経て目標に到着

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント