21:12 2018年12月18日
マヤ儀式の生贄「エバ」の見た目を再現

マヤ儀式の生贄「エバ」の見た目を再現【写真】

CC BY 4.0 / Cicero Moraes / Woman of Naharon (cropped photo)
テック&サイエンス
短縮 URL
130

3Dモデリングを活用し、学者らが、「ナハロンのエバ」の容貌を再現した。エバはマヤ族の女性で、1万4千年前にマヤ文明の儀式の生贄となった可能性がある。

スプートニク日本

マヤの骨は、10年前にメキシコ・ユカタン半島東海岸のキンタナ・ロー州トゥルム近くの海底洞窟で発見された。遺骨は約400メートルの海底にあったため、保存状態は良かった。死亡時の年齢は20~25歳、身長は約140センチと考えられる。

​トゥルム近くの洞窟では続けて他の遺骨も発見されているが、ナハロンのエバがもっとも古い遺骨である。「暗闇の中で彼女は捕えられ、恐怖し、膝を抱えるように丸まり、そして死を待った」-エバの遺骨を発見したダイバーのオクタビオ・デリ・リオ氏は、確信をもって語った。

関連ニュース

露遺伝学者ら、将来の子供の外見「算出」を習得

マヤ文明の建造物6万個がグアテマラで発見

タグ
研究, 文化, 科学, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント