17:01 2018年09月19日
ニューロンヘッドセット開発(アーカイブ写真)

ロシアでスマートホーム操作できるニューロンヘッドセット開発

© Sputnik / Vladimir Trefilov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

ロシア国立科学技術大学(MISiS)のエンジニアが、脳卒中や頭部の重傷を経験し、運動機能や言語機能を失った患者がスマートホームを操作し、周囲の人と交流できるニューロン・ヘッドセットを開発した。ロシアの化学情報サイト「N+1」が報じた。

スプートニク日本

ヘッドセットでは、現代のコンピューターの大半で機能する低システム要件のソフトウェアが動いている。神経インパルスP300を分析し、ヘッドセットはスクリーンキーボード上の文字を認識し、高速化された文字入力方式T9は、ハンディキャップのある人々がテキストを入力することを可能にする。

将来的に、開発チームはスマートホームや電動車いす操作機能を追加するつもり。11月、モスクワの国立科学技術大学は患者らに500個のヘッドセットを無料で配布し、2019年にはレンタル・販売を始める。

関連ニュース

「Alphabet」 トロントに木材の「スマート地区」建設を計画

スマートホームを操作する下着が開発される

タグ
テクノ, 病気, 研究, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント