05:42 2018年12月15日
新たな「微小器官」

人体から新たな「微小器官」が見つかる【動画】

© 写真: Imogen Moran/Tri Phan
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

オーストラリアのガーバン医学研究所の学者らが、再感染した時の免疫反応を司る「微小器官」を発見した。サイトScience Alertが伝えた。

スプートニク日本

まずマウスのリンパ節上で発見され、その後、人間の体でも見つかったこの「微小器官」は、「subcapsular proliferative foci」と名付けられた。

学者らは、「subcapsular proliferative foci」に免疫系が感染を「記憶」し、中和するのを助けるメモリーB細胞が蓄積されているのを確認した。

生物学者らは、メモリーB細胞の存在を知っていたが、その特定の場所が見つかったのは初めて。

関連ニュース

微小粒子による大気汚染で寿命が1年超短く

第2の脳、人体で見つかる

タグ
研究, 病気, 科学, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント