04:30 2018年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

今年8月、アフリカ、南アメリカ、ロシア、カナダ、東南アジアで記録的な面積の森林火災が起きた。NASAゴダード宇宙飛行センターが発表した。

スプートニク日本

人工衛星が先週集めたデータを分析すると、地球上で計3万を超える森林火災やその他火災が確認された。

中には発生が偶然ではなく、ブラジルのように森林伐採や農地拡大と関係している火災もあった。

数千の火災に包まれたテリトリーの大気は灰、エアロゾル粒子(煙)、一酸化炭素など、ほかの燃焼生成物を多く含む。これは当然、人の健康も環境にも悪影響を及ぼす。

関連ニュース

スウェーデン空軍、森林火災をドカンと爆弾で鎮火

加州史上最大の森林火災、延焼防止に成功

タグ
自然, 研究, 環境, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント