23:51 2018年12月11日
世界で最も多く酒を飲む国々を発表

世界で最も多く酒を飲む国々を発表

© Depositphotos / Silian
テック&サイエンス
短縮 URL
112

世界の様々な国において、1日の間に飲まれたアルコールのうち、どれ程の量が1人分に当たるのか、学者らが述べている。関連するデータが「ランセット」誌に掲載されている。

スプートニク日本

ワシントン大学とビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の専門家らが、アルコール飲料の摂取を取り上げた研究1282件を分析。

世界では平均で、1日1人当たりのアルコール消費量が、女性で0.73「飲酒量」、男性で1.7「飲酒量」に上ることが明らかになった(1「飲酒量」は、赤ワイン100ミリリットル、あるいはビール280ミリリットル、または強いアルコール飲料30ミリリットルに相当する)。

この時、世界で飲酒量が最も多い男性であると分かったのは、1日に平均8.2飲酒量のアルコールを消費するルーマニア人男性。

その後に続くのは、ポルトガルとルクセンブルクの2カ国(それぞれ7.2飲酒量)、そしてリトアニアとウクライナの2カ国に住む男性(それぞれ7飲酒量)。

女性の間で飲まれたアルコールの量が最も多かったのはウクライナ(1日当たり4.2飲酒量)で、ランキングで後に続くのは、アンドラ、ルクセンブルク、ベラルーシの3カ国(それぞれ3.4飲酒量)、その後はスウェーデン、デンマーク、アイルランドの3カ国(それぞれ3.1飲酒量)。

学者らはまた、世界で最も「しらふの」国民についても指摘。例えば、男性の間で最も低い指数が記録されたのはパキスタン(0.0007飲酒量)で、女性の間ではイラン(0.0003飲酒量)だった。

関連ニュース

研究者「癌や髄膜炎、淋病などの危険な病気を引き起こす細菌がアルコールによって口の中で発生」

タグ
食品, 健康, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント