08:47 2018年12月12日
韓国、自国製ロケットエンジンを公開

韓国、自国製ロケットエンジンを公開

© 写真: Ministry of Science and ICT
テック&サイエンス
短縮 URL
0 63

韓国航空宇宙研究院(KARI)が、自国製液体燃料ロケットエンジンを公開し、このエンジンを使った打ち上げロケットの飛行モデルの試験が10月末に予定されていると、コリアタイムズ紙が伝えている。

スプートニク日本

このモデルは、人工衛星打ち上げ用液体燃料ロケット「KSLV-Ⅱ」の3段のうち2段目。その長さは25.8メートル、直径は2.6メートル、重量は52.1トン。

これらのテストが成功した場合、2021年に「KSLV-Ⅱ」の最初の打ち上げが実現されることになる。

2013年に韓国は、2009年と2010年における一連の試験失敗の後、ロシアの専門家らとの緊密な協力のもと開発された打ち上げロケット「KSLV-I」の打ち上げに成功している。

関連ニュース

国際宇宙ステーション空気漏れ ひび補修策をめぐり露米クルー間で意見割れ

ロシア、有人宇宙飛行の独壇場まだ保つ

タグ
ロケット, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント