19:05 2018年12月13日
インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策

インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策【写真】

© 写真 : Znera
テック&サイエンス
短縮 URL
120

アラブ首長国連邦のドバイ出身の建築家らは、インド政府の依頼を受け、首都デリーの汚染スモッグの吸収と空気清浄を行うため、100メートル級タワービルによる都市ネットワークを設計した。

スプートニク日本

インドの生態環境は崩壊状態に近く、国内では大気汚染による死者が毎分2人となる事態だ。2016年にはデリーだけで汚染スモッグを原因に、およそ1万5千人が早すぎる死を迎えている。インド当局は、デリーの大気汚染対策の国家プラン建設を完遂し、その一環として浄化塔による都市ネットワークを位置づける。

  • インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策
    インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策
    © 写真 : Znera
  • インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策
    インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策
    © 写真 : Znera
  • インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策
    インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策
    © 写真 : Znera
  • インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策
    インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策
    © 写真 : Znera
1 / 4
© 写真 : Znera
インドの首都 高層タワーで汚染スモッグ対策

高層タワーは、都市の要所に配置され、お互いを橋で結ぶ。半径およそ2キロメートルの空気の洗浄を行う予定で、エネルギー源は、太陽光電池と水素燃料電池を使用。

汚染スモッグは、高層タワーの下層部分に設置されたフィルターに吸収され、洗浄された空気はタワーの上層階までプロペラで押し上げられ、外に放出される。このプラントによって、毎日320万立法キロメートのきれいな空気が作られることとなる。フィルターに堆積した炭素粒子は、コンクリートやインク、新たなナノカーボン素材で注目を集めるグラフェンの製造に利用される。

アラブ首長国連邦の建築家らは、首都デリーの汚染スモッグの吸収と空気清浄を行うため、100メートル級タワービルによる都市ネットワークを設計した。
© 写真 : Znera
アラブ首長国連邦の建築家らは、首都デリーの汚染スモッグの吸収と空気清浄を行うため、100メートル級タワービルによる都市ネットワークを設計した。
タグ
環境, アラブ首長国連邦, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント