09:30 2018年09月22日
テニス(アーカイブ写真)

最も長寿を促進するスポーツが発表される

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
140

定期的にテニスをしていると、寿命が約10年延びる可能性がある。専門家らによると、テニスはジョギング、サイクリング、水泳よりも優れている。すべてはテニスの社会的な側面にあり、それは約8600人を対象にした調査によって証明されている。

スプートニク日本

テニスをする人の寿命は、スポーツをまったくしなかった人より平均で9.7年長いという。またバドミントンをする人は6.2年、サッカーは約5年長い。対戦型ではないスポーツの効果はあまりなかった。

サイクリングは、平均3.7年寿命を延ばし、水泳は3.4年、ジョギングは3.2年だった。学者らは、なぜテニスにこれほどの効果があるのかは正確にはわからないとしているが、テニスや団体競技は心拍数を上げたり、体に負荷を与えるだけでなく、他の人とのつながりも確立させる傾向があると述べている。社会的側面は、長寿において極めて重要だ。

関連ニュース

寿命延長に寄与する炭水化物の1日の摂取量が明らかに=学者

露保健省、長生きする人の共通点を挙げる

105歳のおばあさん、自らの「長寿の秘訣」を語る

タグ
研究, スポーツ, 科学, テニス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント