09:52 2018年11月20日
人工知能

がんとの闘いでAIが助けに

© Fotolia / Jim
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41

英国の学者らが人工知能(AI)に対し、がん細胞における遺伝子突然変異の法則性を明らかにし、腫瘍の進展を予測するためにこの情報を利用する方法を習得させた。この方法は「リボルバー(Revolver、Repeated Evolution of Cancer)」と名づけられた。

スプートニク日本

がん治療に際しての主な問題は、腫瘍の性質が常に変化することだ。がん細胞は突然変異することで、薬に対し耐性を有する形態を徐々に獲得し、このことによって、患者が生き残る可能性が低下する。研究を指導するポール・ワークマン教授は、「もし、どのように腫瘍が進展していくのかを予測できれば、がんが薬に適応して耐性を発達させるまでに治療法を変更することができる」と断言している。

研究者らは、患者178人の肺や乳腺、腸、腎臓から、がんの腫瘍のサンプル768点を採取し、「リボルバー」を用いてサンプルを分析。得られた結果に基づいて、がん形成のその後の進展を予測する複数のモデルを人工知能が構築した。このようにして、腫瘍進展の予測不可能性という、腫瘍性疾患の治療における最も難しい問題の一つを取り除くことに、学者らは成功した。

関連ニュース

うつ病かどうかを理解する人工知能が開発される

AI、15倍もの診断速度・精度で医師に圧勝

タグ
人工知能, テクノ, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント