15:52 2018年10月22日
木星

NASA、木星の雲の下に「水の大海」を発見

© 写真: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Jason Major
テック&サイエンス
短縮 URL
0 90

NASAは、木星の大赤斑内部にある水の量を初めて計測し、木星の大気下層にある膨大な量の水分を確認することに成功した。論文は学術誌「Astronomical Journal」に掲載された。

スプートニク日本

NASAゴダード宇宙飛行センターのゴードン・ビョルガー氏は語った。

「探査機ガリレオを木星に送り、その大気内に打ち上げた時、我々は偶然、一種の『砂漠』に着陸した。そこにはアンモニアも水もほとんどなかった。これは、これらの物質が木星に欠けていると我々に誤解させた。想像してみてください、もし宇宙人が地球に到着し、モハーヴェ砂漠に着陸すると、地球には水がないと考えるでしょう。」

ガリレオ探査機が木星に到着するまで、木星の大気にはアンモニウムと水がほとんど無いというのが、大半の天文学者の見方だった。ガリレオ探査機は、これが間違っていることを初めて示した。大気上層、もしくは雲層でこれら物質の跡を発見することはできなかったが、深層では大量の水分、そして窒素と水素の化合物を見つけた。

この深さの木星の雲の下層ほぼ全ては、水から成っていると判明した。さらに、大気上層に存在する様々な有機化合物やアンモニウムを含まない。

この発見は、木星の核が少なくとも太陽の2倍の酸素を含んでおり、質量の差を考慮すると、太陽よりかなり多くの水を持つことを示す。

関連ニュース

木星に新たに12の衛星が発見

NASA、木星の大赤斑の新たな写真を公開

タグ
宇宙, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント