16:33 2018年10月20日
飛行機(アーカイブ写真)

ハリケーン内部に飛込む方法、研究者が語る  風、温度、湿度、気圧データを簡単に集める最適解

© Sputnik / Igor Zarembo
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

ハリケーン内部の情報の集め方を、研究者が詳述した。1万6千キロの高度まで飛び、8時間に渡って風、温度、気圧、湿度の数値を監視する必要がある。滞在する空域でハリケーンの最大風速は時速120キロに達する。

スプートニク日本

ジョン・ザヴィスラク氏はビジネス・インサイダーに「飛行機は依然として、嵐の状態を測ることができる最良のプラットフォームの1つだ」と語った。

例えば先週、ザヴィスラク氏はハリケーン「イサーク」と「フローレンス」内部に飛び込み、科学的に重要なデータを収集した。後に国立ハリケーンセンターはハリケーンのカテゴリー更新のためデータを用いる。残りのデータは更に詳細な分析に送られ、ハリケーンの動きに関するより詳しい情報を得られる。

機内には風と雨を計測するレーダーがある。さらに、気圧、気温、湿度を測るセンサーを搭載した小型機器もある。通常、8時間のフライトで、ハリケーンの20箇所からデータを収集できる。

関連ニュース

NASA、木星の雲の下に「水の大海」を発見

火星の詳細な移住計画 スイス研究チームが提言

タグ
ハリケーン, 災害, 研究, テクノ, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント