12:20 2018年10月20日
世界で最も致命的な感染症が発表される

世界で最も致命的な感染症が発表される

© 写真 : Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 54

世界保健機関(WHO)は報告書を発表し、結核は死亡率が低下しているものの、世界で最も致命的な感染症だと指摘した。

スプートニク日本

WHOによると、2000年以降、結核から約5400万人の生命が救われたが、各国の結核対策は十分ではない。2017年には1000万人が結核に感染し、160万人が結核で死亡したという。WHOは、各国に国内および国際的な義務を思い起こすよう再度呼びかけた。

WHOによると、2018年には結核対策プログラムに35億ドルの資金提供が必要であり、この数字は2022年までに倍増する可能性がある。

結核は世界で最も広がっている病気の一つ。結核は、患者が結核菌を喀痰などで体外に排出し、それを他者が吸い込むことによって感染する。世界人口の約3分の1が結核の病原菌に感染していると考える専門家らもいる。

関連ニュース

人体から新たな「微小器官」が見つかる

21世紀人類への3大脅威が明らかに

タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント