15:04 2018年10月24日
サメ(アーカイブ写真)

太平洋で秘密の「サメカフェ」見つかる

© Flickr/ Elias Levy
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

米ハワイから東に約1200海里で、極めて興味深い活動が確認された。空っぽで特筆すべきものはないと考えられてきた海域は、ホオジロザメの越冬場だった。ニュースサイト「Quartz」が報じた。

スプートニク日本

専門家は、大半のホオジロザメが毎年冬になると、食料豊富な米・メキシコ西海岸沿いの海域を離れ、海のある場所に集まることに気づいた。

ニュースサイト「Quartz」によると、米スタンフォード大学と米モントレーベイ水族館の研究チームはこの現象を調べる調査団「ホオジロザメのカフェ」を発足。調査は去年4月と5月に行われた。調査の結果、サメが集まる、コロラド州ほどの大きさの海域が発見された。

太平洋の「カフェ」におけるサメの移動を監視し、研究チームは、サメが獲物(イカ、クラゲ、様々な魚)の生息スケジュールに合わせて生活していることを突き止めた。昼間はサメがぎりぎり潜水可能な水深千メートルまで潜り、深夜は200メートルより深くには潜らない。

さらに、4月になるとオスは、1日最大140回と活発に深海に潜り始めるが、メスの潜水回数は変わらない。この行動における性差の理由はまだ分かっていない。

関連ニュース

タグ
研究, びっくり, 怖い, 科学, 動物, 太平洋
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント