09:07 2018年10月23日
睡眠にとって最も有害なポーズ

睡眠にとって最も有害なポーズが発表される

© Depositphotos / MitaStockImages
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

メイヨー・クリニック(米国)の睡眠学者らは、うつ伏せが最も睡眠にとって有害な姿勢だとの結論に達した。学者らの研究によると、頭と首が自由に動かせる正しい状態で寝る必要があり、これが良い呼吸にとって重要だという。サイトBustleが伝えた。

スプートニク日本

サイトBustleによると、学者らは、うつ伏せの状態で胸全体で呼吸するのは事実上不可能だと説明した。またうつ伏せは、首の筋肉がこったり、血管に悪影響を及ぼすという。

さらに、うつ伏せで寝るのは背中にもよくないため、学者らは、背骨の負担を軽減するために、骨盤や下腹部の下にも枕を置くことを勧めている。

関連ニュース

眠りを通じて記憶を改善=学者

最適な睡眠時間が定められる

タグ
健康, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント