19:34 2018年10月18日
ZENIT-M

ロシア伝説のカメラ「ZENIT」復刻へ 独ライカとの協同で【写真】

© 写真: Press service of Shvabe
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

ズヴェーレフ記念クラスノゴールスク工場と独カメラメーカー・ライカ社は協同で、ロシアで伝説のカメラ「ZENIT」(ゼニートまたはセニット)を、新型「ZENIT-M」として復刻させる。クラスノゴールスク工場の代表がスプートニクの取材に明らかにした。

スプートニク日本

「ZENITとライカはもともと『ZENIT M』の限定個数での生産を行うことで合意していた。このカメラのデザインは限定的なもので、個々に製造番号が入った専用パッケージとなる。

『ZENIT』の生産個数は極めて限定的で、総生産数はカメラ本体と『ゼニタール』レンズ500個とし、ヨーロッパやロシアで手頃に購入できるようにする」と、工場代表は述べた。 また工場代表によれば、「ZENIT-M」の生産はライカカメラ社が設定した新しい品質基準にそって行われる

「ZENIT-M」と「ゼニタール」レンズ35 mm f/1.0は、プロはもちろん、初心者でも扱えるものとなる。

「ZENIT」は、旧ソ連で生産された小型の一眼レフカメラで世界初の一眼レフカメラに数えられる。1952年から56年にかけて販売された。

関連ニュース

なぜ日本の富士フイルムは黒白フィルム販売を中止するのか

タグ
ソビエト連邦, テクノ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント