19:34 2018年10月18日
タコ

タコ、エクスタシー投与で友好的に

© Fotolia / Vladimir Wrangel
テック&サイエンス
短縮 URL
142

タコは単独行動を好み、通常はお互いに関与しない。だが、米生物学研究チームが合成麻薬「MDMA(エクスタシー)」を投与すると、人間で確認されるのと同じ行動の変化が起きた。より交流的で、友好的になったのだ。

スプートニク日本

エクスタシーは、しばしば「幸せホルモン」と称されるセロトニンを体内から排出するタンパク質の働きを遅らせる。その俗称は、セロトニンが人をより交流好きで友好的にすることから付いた。

研究チームは、セロトニンを用いた気分調節メカニズムが、生物の進化のどの段階で発生したのかを明らかにしようとした。実験には、ヒトと同じようなセロトニン輸送体の遺伝情報が発見された古代からの無脊椎動物、タコが選ばれた。

実験でタコは、3つに区切られた水槽の中心部に入れられた。片方の仕切りの奥には興味深いおもちゃが、もう片方には網で縛られたタコが置かれた。通常の状態では、タコは縛られたタコに関心を全く示さず、おもちゃを観察するだけだった。

だがエクスタシーを少量溶かした水で10分間泳がせたあと、再び実験用水槽に入れると、タコは行動を急変させた。縛られたタコに予期せぬ関心を示し、活発に触手で触り始めたのだ。研究結果は、学術誌『Current Biology』に掲載された。

この結果から、セロトニンによる気分調節は、5億年以上前から様々な生物を交流させてきた、古代からの進化のメカニズムであることが明らかになった。

関連ニュース

カナダ 大麻合法化で新たな求人情報が登場

南アフリカ、マリファナを合法化

タグ
研究, びっくり, おもしろい, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント