15:48 2018年10月22日
ラット

ラット由来E型肝炎ウイルス、ヒトの感染が初めて確認される

© AP Photo / Francois Mori
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41

香港大学が、世界で初めてラット由来E型肝炎ウイルスに感染したヒトが確認されたと発表した。サウス・チャイナ・モーニング・ポストが報じた。

スプートニク日本

今までラット由来でヒトがE型肝炎ウイルスに感染したケースは確認されていなかったため、この発見は大きな意義を持つ。

感染したのは以前に肝臓移植を受けた56歳の男性。

男性を検査したところ、肝機能に異常が見られたが、原因が分からなかった。さらに検査を進めたところ、ラット由来E型肝炎ウイルスへの免疫応答が発見された。

研究チームは、自宅周辺に大量のネズミが発見されたこの男性が、ネズミのふんが紛れ込んだ食べ物を摂取したことでウイルスに感染したと見ている。免疫系が移植により弱まっていたため、感染リスクが高かった。

香港に住む男性は抗ウイルス治療を受け、現在は快方に向かっている。

研究チームは、1件の感染ケースだけでも、ネズミの問題に細心の注意を払うには十分だとした上で、適宜ゴミを捨てる必要性を指摘した。

関連ニュース

過去の出来事を頭の中で再現する能力がラットにあると判明

タグ
健康, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント