05:28 2018年10月16日
アルコール

アルコールをドラッグと認定し、入手を困難にすべき

© AP Photo / Richard Drew
テック&サイエンス
短縮 URL
1128

豪ニューカッスル大学のクプロス・クプリ(Kypros Kypri,)教授と英ヨーク大学のジム・マッカムブリッジ(Jim McCambridge)教授は、アルコールを国家レベルでドラッグに認定する必要があると呼びかけた。研究結果はイギリス医師会雑誌(BMC)に掲載された。

スプートニク日本

チームは近年の研究結果を基に、健康被害を最小限に抑えるアルコール摂取量はゼロだと指摘する。その上で、年間280万件の死の原因だと見られるとする。

アルコール対策として、論文では、アルコールが薬物であるという明確な認識に基づいて政策を検討すること、そして、価格を高めて容易にアクセスできないようにするよう提言している。

関連ニュース

アルコールが原因で世界では毎年300万人以上が死亡している=WHO

世界で最も多く酒を飲む国々を発表

タグ
健康, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント