14:36 2018年10月20日
ドクロ型の小惑星

地球にドクロ型の小惑星が接近中【写真】

CC BY 3.0 / J. A. Peñas/SINC
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41

人間の頭蓋骨に似た形状の小惑星が11月11日、地球に最接近する。 Live Scienceが報じた。最短距離は3800万キロ。これは地球から太陽までの距離の約4分の1。

スプートニク日本

珍しい形の小惑星が発見されたのは2015年10月31日、地球のそばを通過した時だ。そのためこの小惑星は「ハロウィン小惑星」と名付けられた。

​当時の最短距離は48万6千キロで、数枚の写真撮影に成功した。写真からは、額、顎、軌道、眼窩および鼻腔に似たものが伺える。

研究者は、小惑星の形状は変化することもあるため、頭蓋骨の形が失われた可能性もあるとする。次回地球に接近するのは2082年以降とみられる。

関連ニュース

露中、月の共同探査で合意

能見教授、軌道エレベーター実現への第一歩を語る

タグ
研究, びっくり, おもしろい, 科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント