22:29 2018年10月16日
病気

研究者らが他人と比べなぜ風邪が悪化する人がいるのかを解明

© Fotolia / Photographee.eu
テック&サイエンス
短縮 URL
160

米バージニア大学の生物学者らは、人間の鼻腔に存在する様々なタイプの微生物の研究を行い、たとえ同じウィルスによる感染の場合でさえ、各種類の微生物が独自に風邪の重症度に影響を与えることをつき止めた。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版が報じた。

スプートニク日本

「サイエンティフィック・リポーツ」によると、研究者らは、健康な状態および感染後の両方において、152人の実験参加者の鼻腔内の微生物叢の構成を調べた。実験の正確性を保つため、ウィルスが鼻腔内の微生物叢を変化させないよう注意した。実験の結果、特に風邪の強い症状が現れたのは、ブドウ球菌が増殖した人たちだった。

今後、研究者らは、どのようなメカニズムによってこれらの微生物が風邪の症状の悪化に影響を与えるのかを解明する。この他にも、研究者らには、鼻腔内の微生物叢を改善し、感染に対する身体の防御を高めるプロバイオティクスの発見に力を入れる。

関連ニュース

筑波大など、血管にコレステロールのプラークが発生するプロセスを初めて観察

アルコールをドラッグと認定し、入手を困難にすべき

タグ
研究, 病気, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント