14:39 2018年10月20日
レオン・レーダーマン氏

「神の粒子」名付けたノーベル物理学受賞者、レオン・レーダーマン氏が死去

© AFP 2018 / Scott Olson
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

「神の粒子」の名付け親でもあるノーベル物理学賞を受賞者、レオン・レーダーマン氏が死去した。97歳。ニューヨーク・タイムズが報じた。

スプートニク日本

レーダーマン氏は1922年、ニューヨークでソ連からのユダヤ系移民家族に生まれた。1978年〜1989年にかけてフェルミ研究所の所長を務めた。

1988年にはメルヴィン・シュワーツ氏とジャック・シュタインバーガー氏と共に、ニュートリノの一種を発見したことでノーベル物理学賞を授与された。他にもウルフ賞物理学部門やエンリコ・フェルミ賞、ウィリアム・プロクター賞、ヴァネヴァー・ブッシュ賞などを受賞している。アメリカ国家科学賞も授与された。

1993年、レーダーマン氏はジャーナリストのディック・テレシーと共著でヒッグス粒子に関する本『神の粒子』(邦題『神がつくった究極の素粒子』を出版した。

関連ニュース

タグ
残念, 死去, 研究, 科学, ノーベル賞
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント