22:28 2018年10月16日
土星と無人探査機「カッシーニ」(アーカイブ写真)

土星の環から「有機化合物の雨」 探査機の最終周回から判明

© REUTERS / NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

土星の環から同惑星の超高層大気の中に向かって、水のナノ粒子に含まれる形で複合有機化合物が雨のように降り注いでいることが分かった。米航空宇宙局(NASA)などが発表した。

スプートニク日本

NASAによると、今回の発見は、2017年9月に運用を終えた無人探査機「カッシーニ」による最終段階の周回探査に基づいた研究から明らかになった。環から降り注いでいることが分かったのは、以前から考えられていた水のほか、ケイ酸塩やメタン、アンモニア、一酸化炭素、窒素、二酸化炭素。そのうち有機物の組成については、土星の衛星であるエンケラドゥスとタイタンで発見されたものとは異なり、このことは土星系に有機分子の蓄積が少なくとも3カ所、別個に存在することを意味しているという。

今回の発見は、5日付の米科学誌「サイエンス」で発表された。

関連ニュース

タグ
研究, 科学, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント