19:32 2018年10月18日
グーグル

WSJ: Mavenプロジェクトへの参加を拒否した後、グーグルCEOが米国防総省を訪問

© REUTERS / Mike Blake
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32

米グーグルのピチャイ最高経営責任者(CEO)は先週、ワシントンを訪問した際に米国防総省を訪れた。

スプートニク日本

ワシントン・ポスト紙によると、ピチャイ氏は、グーグルがドローン用の人工知能(AI)を開発する契約の延長を拒否した後に生じた緊張を緩和するため、国防総省の職員と会った。

拒否したのは、ドローンから得た視覚情報を処理するためにAIを使用することを目的とする国防総省のMavenプロジェクト。

グーグルは、同社の経営陣に対して社員3000人以上が国防総省との協力をやめるよう求める公開書簡に署名したのを受け、契約の延長を拒否した。社員らは「グーグルは軍事ビジネスに取り組むべきではない」と訴えた。

関連ニュース

Googleが仮想通貨取引の広告掲載の禁止を解除

ホワイトハウス、グーグルとフェイスブックの調査の意向=ブルームバーグ

タグ
スキャンダル, テクノ, 米国防総省・ペンタゴン, Google, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント