15:55 2018年12月14日
顕微鏡

スペイン地下で発見のバクテリア 火星でも生存可能か

© Fotolia / Photokanok_1984
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

スペイン・イベリア半島の洞窟631メートルの地下から岩石のサンプルを研究者らが採取した。その岩石には、火星の地表のような太陽光がない真空の空間で生存・繁殖が可能な大量のシアノバクテリア(藍藻)が確認された。

スプートニク日本

マドリード郊外にあるスペイン国立航空宇宙技術研究所アストロバイオロジーセンターとスペイン、ドイツ、米国の研究者の研究チームは、シアノバクテリアが植物由来の細菌の生存と成長に必要な従来の光合成に代わっていることを突き止めた。

シアノバクテリアが有機栄養素の再生産に不可欠なエネルギーを得る手段は太陽光ではない。鉄やマンガン、窒素、水素を含むさまざまな鉱物の地下堆積で生じる化学反応だと判明した。

研究チームは、地球のシアノバクテリアがこうした過酷な生存環境に適応できたならば、火星でも生存できる可能性があると見る。

火星の表面では、大気の欠如によって生じた強烈な放射線が生命を脅かす。だが火星の地下数メートルでは十分に保護され、安定した生息環境があり、発見されたシアノバクテリアに非常に適している。そうした研究結果が米学術誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載された。

関連ニュース

すべての既知抗生物質が効かない細菌が見つかる

火星の塩水で生存可能なバクテリアが見つかる

タグ
科学, 宇宙, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント