15:48 2018年10月22日
ハスキー

「氷のような」碧眼をハスキーが得た経緯 研究者が解明

© Sputnik / Evgeny Biyatov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

シベリアンハスキーの遺伝子の中に、「氷のような」碧眼をもたらす変異が発見された。最も大規模な犬の遺伝調査成果は学術誌『PLoS Genetics』に掲載された。

スプートニク日本

人の目の色に関係する遺伝子は昔から見つかっていた。だが犬の目の色に関する遺伝子の研究は行われていなかった。

米遺伝学者の研究チームは犬の3千以上の遺伝子を研究した。

研究対象となった茶色の目ないし碧眼を持つ数十匹の犬種の中にはシベリアンハスキーもいた。全ての碧眼持ちの犬は、「PMEL17」「ALX4」遺伝子に隣接する2つの突然変異を共通して持っていた。さらに、「ALX4」遺伝子の突然変異はほぼ全てのハスキーで確認されたが、他の犬種では確認されなかった。

このDNAセグメントは、研究チームが説明するところ、もう1つの遺伝子「小眼球症関連転写因子(MITF)」の活動を管理する。MITFは目、皮膚、および身体の他の部分の色素細胞の働きに直結している。

研究チームは、この遺伝子の発見が、進化とハスキーの家畜化の歴史を探る助けになると期待を寄せている。さらに、犬の飼い主にとっては、ペットが碧眼になるか茶色の目を持つかを理解する助けになる。

関連ニュース

犬が新たなインフル世界的流行の原因になり得る=米研究

タグ
研究, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント