22:32 2018年10月21日
スペースX(アーカイブ)

ロケット「ファルコン9」の第1段目、カリフォルニアの発射場に初めて帰還

© REUTERS / Joe Skipper
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12

スペースXのロケット「ファルコン9」の第1段目が、カリフォルニア州にあるヴァンデンバーグ発射場に初めて帰還した。サイトSpaceflight Nowで中継された。

スプートニク日本

アルゼンチンの人工衛星SAOCOM 1Aを搭載したファルコン9は、日本時間10月8日11時21分に打ち上げられた。第一段目は、日本時間11時30分に着陸に成功した。

スペースX社は、ロケットの第1段目が「ヴァンデンバーグ」に帰還して着陸することを今回初めて試みた。カリフォルニアから行われたこれまでの打ち上げでは、第1段目は太平洋上の無線制御プラットフォームに回収されていた。

なお先にスペースXは、フロリダ州ケープカナベラルの発射場への第1段目の帰還に成功している。

スペースXは今回の打ち上げに最新かつ最も強力なFalcon 9 Block 5の第一段目を使用している。

関連ニュース

米・宇宙輸送企業「スペースX」社が通信衛星搭載ロケットの打ち上げに成功

タグ
ロケット, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント