19:07 2018年12月13日
宇宙ゴミ(イメージ)

日本の宇宙ごみ除去衛星、2020年に打ち上げへ【動画・写真】

© Depositphotos / Johan Swanepoel
テック&サイエンス
短縮 URL
142

ロシアの「グラヴコスモス」社(露国営企業「ロスコスモス」の傘下)は、日本のアストロスケール(Astroscale Japan Inc.)社と、ロシアのロケット「ソユーズ2」を使って2020年にバイコヌール宇宙基地から宇宙ごみ除去技術実証衛星ELSA-d(End of Life Services by Astroscale — demonstration)を打ち上げる契約を結んだ。グラヴコスモス社が発表した。

スプートニク日本

9月、英国の衛星リムーブデブリが、網を使って宇宙ごみを除去する実験を行ったと報じられた。まず衛星が宇宙にゴミのダミー物体を放出し、この物体を補足するために7メートルの距離から幅5メートルの網が放たれた。なお網が本物の宇宙ごみの補足に使用された場合は、衛星が宇宙ごみをより低い軌道へ運び、ごみは大気圏に突入した際に燃え尽きる。

ELSA-dは、軌道上でのランデブー・ドッキングや接近の技術実証実験を行うためのもの。同開発は、宇宙ごみを除去する有望なプロジェクトで役立つ見込み。

​ELSA-dは、重さ160キロの捕獲機(Chaser)と20キロのターゲット(宇宙ごみを模擬した小型人工衛星)で構成されており、これらは一緒に打ち上げられる。

関連ニュース

英衛星、宇宙ゴミを網で捕獲する方法を習得

ロシアの宇宙船を使ったゴミ収集が提案される

タグ
テクノ, 環境, 宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント