11:44 2018年10月16日
頭の中にある神経細胞

研究者らがアルツハイマー病を患っている際の記憶力を回復させる

© Fotolia / SSilver
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

インドの研究者らは、2つの酵素を活性化させる小さな分子を活用することにより、アルツハイマー病を発症したマウスの長期的な記憶力を、十分回復させることに成功した。

スプートニク日本

この研究で活用された治療用分子は、ジャワハルラル・ネルー先端科学研究所の分子生物・遺伝子学分野のグループによって合成されたもの。

以前、同様の措置によって、健康な生き物の記憶力を改善させることに成功していた。

グループ責任者のクンドゥー教授は「健康なマウスの記憶力を改善できたのであれば、アルツハイマー病を発症しているマウスでも記憶力を改善できるのではないかと考えた」と述べ、「私たちは、発病したマウスで2つの酵素を活性化させ、新しい神経細胞を作り出している分子を発見した。この他に、アルツハイマー病のマウスの発現を抑制された81の遺伝子を、正常なレベルまで活性化させた」と語った。

クンドゥー教授は「小さな分子は、少なくとも認識の低下を抑え、患者の状態を改善させることができる」と強調した。

関連ニュース

いびきと認知症の関係を発見と研究者

チンパンジーに初めてアルツハイマー病の症状が見つかる

タグ
健康, 医学, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント