19:06 2018年12月13日
Снимок Венеры на фоне ночных огней Земли, полученное с Международной космической станции

露米、2026年に金星探査機を打ち上げる計画

© 写真: NASA/JAXA
テック&サイエンス
短縮 URL
160

露米惑星探査機「金星-D」は、2026年に打ち上げられる計画。ロシア科学アカデミー宇宙研究所のイリーナ・コワレンコ研究員が明らかにした。

スプートニク日本

コワレンコ氏は「金星への飛行バージョンは2つある。一つは4カ月の短いバージョン、2つ目は6カ月の長いバージョン。2つのバージョンは、燃料消費およびペイロードに関してほぼ同じ特性を有している。2026年にとって最適なのは6ヶ月のバージョンで、6月の打ち上げとなる」と指摘した。

中国、ロシア(アーカイブ)
© Sputnik / Sergey Guneev
探査機は金星の軌道に3年間滞在し、金星表面で2時間および2か月間活動する複数の着陸モジュールを軌道から打ち上げる見込み。

関連ニュース

インド 2022年までに独自の宇宙ミッションを打ち上げ

ロシア、米との月軌道ステーション計画の参加条件に不満

タグ
研究, テクノ, 科学, 宇宙, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント