05:06 2018年12月13日
伝子データベース

米国人60%、民間遺伝子データベースで「特定」可能=研究結果

© Fotolia / Sergey Nivens
テック&サイエンス
短縮 URL
0 26

民間の遺伝子データベースを利用し、DNAサンプルから米国人の個人を特定できる。イスラエルの遺伝学者による研究チームの研究結果は学術誌サイエンスに掲載された。

スプートニク日本

チームによると、遺伝子データベースは、あるDNAを持つ匿名の個人を探すための一種の「GPSシステム」になりつつある。これは警察にも犯罪組織にも利用される可能性がある。

このシステムで座標の役割を果たすのは、遺伝子系図。ある個人がDNAテストを利用していなくても、親族を介して個人の特定ができる。

研究チームはMyHeritage社が米国で集めた約120万人分の人間のデータベースを利用。データベースに登録済みの親族と一致する遺伝子によって、データがない個人を「算出」しようと試みた。

ヨーロッパ系の米国人約60%が算出可能だと判明。しかも、多くの場合は誕生年や性別など容易にアクセスできる情報が含まれており、それを利用することで、数百人の「容疑者」から1〜2人まで候補を絞ることができた。

関連ニュース

露遺伝学者ら、将来の子供の外見「算出」を習得

タグ
研究, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント