11:44 2018年10月16日
Силуэт самолета в небе

史上最長の直行便  シンガポール航空が運航開始

© Fotolia / Stefano Garau
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

シンガポール航空11日、シンガポールとニューヨークを結ぶ史上最長の直行便の運航を開始した。シンガポールのテレビニュースチャンネル「チャンネルニュースアジア」が報じた。

スプートニク日本

直行便の飛行時間は約19時間、移動距離は1万6000~7000キロメートルに達する見込みだ。

使用される大型旅客機A350-900ULは最高161人の乗客が収容可能。ビジネスクラス67席とプレミアムエコノミー94席が用意される。

機内には乗務員15人とパイロット2人が搭乗し、それぞれ8時間の休憩を移動中にとることができる。

また乗客は、1200時間におよぶオーディオとビデオサービスを自由に楽しむことができ、機内食も数種類から選べる。

大型旅客機A350-900ULの特徴は大きな窓と高い天井。また長距離移動によるストレスや時差ぼけを最小限に抑える特殊な照明が完備されている。

関連ニュース

ハリケーン「マイケル」 米空軍基地に深刻な打撃

米国防総省、F35戦闘機の飛行を一時停止 墜落で

タグ
おもしろい, テクノ, 飛行機, 米国, シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント