09:35 2018年11月18日
ビール

ビールに意外な健康成分が発見 独大学の研究

© Fotolia / Volff
テック&サイエンス
短縮 URL
141

ドイツのフリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクの研究者らは、ビールの成分に含まれる2つの物質が、人間の健康に好ましい影響を及ぼすと発表した。同大学のWEBサイトに論文が掲載された。

スプートニク日本

研究の過程で、研究者グループは、ビールの原料であるホップの成分「キサントフモール」が、過体重と不規則な食事によって引き起こされる肝臓肥満を予防し、肝臓の損傷を予防する効果があることを明らかにした。その他にも、キサントフモールは、肝臓のガン細胞を破壊し、体重増加を予防する。

もう1つ、ビールに含まれる健康成分はイソ-α酸。 イソ-α酸 は肝臓障害の進行を抑制すると同時に、ブドウ糖の交換と脂肪の代謝に好影響を及ぼすことができる。

研究成果を発表したフリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクは、これらの物質が、肥満や糖尿病、抗ガンにどの程度まで効果を発揮するかは、引き続き研究が必要としている。

一方でビールにはアルコール成分が含まれることから、研究者らは、人間の健康に肯定的な作用を及ぼすのはホップを原料とする食品でもノンアルコールビールなどに限定されうると論文を締めくくっている。

関連ニュース

iPhone XS Maxをビールに5時間沈める実験【動画】

世界で最も多く酒を飲む国々を発表

タグ
研究, おもしろい, 科学, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント