04:56 2018年11月16日
NASA

NASA、火星を散歩できるバーチャル・リアリティー技術に賞を授与【動画】

© AP Photo / Patrick Semansky
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

NASA(米国航空宇宙局)は、「オンサイト(OnSight)」を2018年の最も優れたコンピュータープログラムとして認めた。このプログラムは、NASAの火星探査機「キュリオシティ」が撮影した画像から、火星のバーチャル映像をつくる。この新しいプログラムは、研究者に利点をもたらすだけでなく、そのウェブバージョンは多くの人々が利用できる。

スプートニク日本

バーチャル・リアリティーの技術は、3D空間で火星の表面を地質学者が研究したり、火星探査車の移動でもっとも危険の少ないルートを見つけることを可能にする。以前は、地質構造の特徴を特定することが困難な2次元画像で満足するしかなかった。

「オンサイト」の開発者は、一般のユーザーが自分のコンピューターでプログラムを実行できるようにした。研究者らは、このことによって火星研究に社会の関心が集まることに期待している。

「オンサイト」のチーム責任者パーカー・アバクロンビー氏は、自身の労作を賞賛し、次のように述べた-

「火星に立っているという確かな感触は、画像から受ける印象とはまったく比べ物にならない。私たちのプログラムは、本物の技術的躍進だと思う。このプログラムにより、実生活では行くことができない場所を、人々が見られるようになる」。

関連ニュース

カリフォルニア大 銀河周辺で大規模な宇宙人捜索を開始

NASA、貴重な夜光雲を公開【動画】

タグ
研究, 火星, テクノ, 科学, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント