10:34 2018年11月13日
スティーブン・ホーキング博士

ホーキング博士、スーパーヒューマンの誕生に懸念

© AFP 2018 / Justin Tallis
テック&サイエンス
短縮 URL
244

英国の理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が自身のエッセイ集で、遺伝子工学の発達によるスーパーヒューマンの誕生の可能性を指摘し、人類に対して警鐘を鳴らしていたことが明らかになった。英紙「サンデータイムズ」が伝えた。

スプートニク日本

ホーキング博士のエッセイ集『Brief Answers to the Big Questions』は16日に販売が予定されている。同エッセイでは、未来の人類がスーパーヒューマンを作るために遺伝子操作を選択できるようになることが指摘され、同博士はこれに懸念をあらわにしている。

ホーキング博士は、「人間の遺伝子操作に関する法律が定められることが考えられるが、記憶、病気への耐性、あるいは寿命といった人間の特性を向上させる誘惑に抗うことができない者もいるだろう」との考えを示している。

ホーキング博士はまた、スーパーヒューマンの誕生の結果、遺伝子操作の施されていない普通の人間は閉鎖的集団を組織する、あるいは死に絶えることになると指摘した。

関連ニュース

ホーキング博士の遺稿が発表される ブラックホールのパラドックスについて

ホーキング博士 人類が生き残るための主要な条件をあげる

タグ
スティーブン・ホーキング, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント