06:58 2018年11月16日
スマホ(アーカイブ写真)

最新アプリでうつ病の初期症状を補助的に診断

CC0 / Pixabay/Tero Vesalainen
テック&サイエンス
短縮 URL
0 42

米医療系ベンチャー・マインドストロング社がApple「iOS」向けに配信するアプリ「Health by Mindstrong」をアップデート。会社の専門家3人が、このアプリについて語った。

スプートニク日本

事前テストでは、アプリはデバイスの使用状況に基づき、うつ病や統合失調症、双極性障害の初期症状を検出できた。

アプリは精神疾患の副次的な兆候に注目。つまり、デバイスの使用状況とその変化を追跡する。アプリがこうした変化に関するデータを収集してサーバーと共有し、その後、人口知能(AI)が受け取った情報を分析する。

AIは、ほんの些細なことも見落とさない。携帯画面を押す力や画面に指を置く時間、スワイプの振幅など、精神疾患の副次的な兆候となる得る動作を確認する。

専門家によれば、この方法は従来の問診やテストに比べ、精神疾患の初期症状の検出により効果的だと事前テストは示す。

会社が説明するところ、アプリはユーザーの情報を大量に収集するが、サーバーと共有する情報は匿名で暗号化される。また、外部サイトは情報にアクセスできず、メッセージや通話、パスワードはサンプリングに利用されない。

関連ニュース

インドで初めて「ネットフリックス」依存が公式ケースとして記録

タグ
医学, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント