04:56 2018年11月16日
グーグルCEO、中国向け検閲済み検索エンジン開発を初めて認める

グーグルCEO、中国向け検閲済み検索エンジン開発を初めて認める

© AFP 2018 / LIU Jin / File
テック&サイエンス
短縮 URL
115

グーグルのスンダル・ピチャイCEOは、会社が去年春から中国向けの検閲機能付き検索エンジン開発計画「Dragonfly」に取り組んでいると認めた。米サンフランシスコで開かれた米誌WIREDのイベントで発言した。

スプートニク日本

ピチャイ氏は、検索エンジン開始に関して最終決定は取っていないと指摘。一方で、実現すれば会社の検索エンジンは中国の検索エンジン「バイドゥ」の最大の競合相手になると強調した。

会社は計画を準備的なものだと主張。だが社内や世界での反発や懸念はこの数ヶ月で膨れ上がるだろう。多くの従業員はグーグルがプロジェクトから手を引くよう求める公開書簡に署名。

批判者は、プロジェクトが中国の自由主義を抑圧し、中国の顧客のプライバシーを脅かすと懸念している。

関連ニュース

中国、『プーと大人になった僕』を上映禁止 習近平氏はプーさんネタが原因か

「FBがナチズム支持」と非難

タグ
インターネット, テクノ, Google, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント