06:57 2018年11月16日
ビール

地球温暖化でビールをグビグビ飲めなくなる? 研究結果

© AP Photo / Wong Maye-E
テック&サイエンス
短縮 URL
210

暑夏にビールを飲むことが、高くつく爽快感になる未来が訪れるかもしれない。米カリフォルニア大学アーバイン校の研究者らが研究結果を科学誌『Nature Plants』に掲載した。暑さ、干ばつ、ハリケーン、火災、これら全ては大麦の収穫量と価格に悪影響を及ぼす。

スプートニク日本

チームは複数のモデルを用いて、温暖化が全地球的な大麦の収穫量に及ぼす影響を調査。収穫量は地域により、3〜17%減少するおそれがある。これは世界的なビール消費量の構図を変える。収穫量が減れば、大麦は飢えた動物と乾きに苦しむ人類とで分配せざるを得なくなる。

日本やオーストラリアは、ビール価格が世界一高いとされている。こうした国では価格の急上昇による効果が感じられない可能性がある。製品の価格変化は購買力に直接関係している。

つまり、摂取を減らすよりも、ビール代を増やせる購買力だ。そのため、32%の消費減が予測されるアルゼンチンと異なり、従来からビールを好む先進国では、価格上昇は大きく影響しないだろう。

関連ニュース

破壊的な干ばつの到来を予言

世界で最も多く酒を飲む国々を発表

タグ
食品, 自然, 地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント