23:39 2018年11月20日
ダビンチのモナリザダビンチの『洗礼者聖ヨハネ』

天才の視線 ダビンチの目の異常、傑作の数々を生む助けに【写真】

© 写真 : Public domain © 写真: Public Domain
1 / 2
テック&サイエンス
短縮 URL
171

イタリアの天才画家、レオナルド・ダビンチが「間欠性外斜視」を患っていたとの診断を、ロンドン大学シティ校の学者らが下した。学者らの見解によれば、ダビンチは時々、描かれる対象に対して片方の目だけで精神を集中させることができ、このことがダビンチによる現実認識に影響を与えていたという。他ならぬこの単眼視が、自らの遠近法理論をダビンチが発展させる助けになったと、研究論文の著者らは指摘している。

スプートニク日本

学者らによる今回の結論は、『洗礼者聖ヨハネ』や『サルバトール・ムンディ(救世主)』といったダビンチによる絵画のほか、他の職人らによって仕上げられた本人の肖像画の分析に基づいて導き出された。学者らが述べているところでは、ダビンチが自らによる絵画群において「視線が追いかけてくる効果(モナリザ効果)」や、3次元空間の効果をどのように実現しようとしていたかについても、斜視によって説明できるという。英国の眼科医らは、ルネサンス期の伝説的代表者であるダビンチによる各絵画作品の登場人物に外斜視の兆候があり、その角度が10.3度だったと指摘している。

『サルバトール・ムンディ(救世主)』
© 写真 : Christopher Taylor / Jama Ophthalmology 2018
『サルバトール・ムンディ(救世主)』

学者らの見解では、ダビンチのほか、レンブラントやデューラー、ドガといった他の著名な画家も、間欠性外斜視を患っていた可能性があるという。

関連ニュース

タグ
健康, 研究, びっくり, 芸術, 文化, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント