09:00 2018年11月16日
タバコ

離脱症状なしにタバコをやめる方法=米国の生物学者が解明

© Flickr / DucDigital
テック&サイエンス
短縮 URL
161

米スクリプス研究所の学者たちは、ニコチンが脳に達する前に破壊する物質を開発した。結果、人間は不愉快な感覚を経験することなくニコチン依存から解放されることが可能。

スプートニク日本

生物学者グループは、タバコ農園の土壌によく生息し、ニコチンを食べている細菌シュードモナス・プチダを研究した。そして、シュードモナス・プチダに含まれる酵素「NicA2」が、ニコチンの吸収に関係していることがわかった。

喫煙
© Sputnik / Konstantin Chalabov
学者たちは、人体での活動に適応させるためにその構造を少し変え、血液中に入るニコチンとの相互作用を調べた。

実験では、NicA2に毒性はまったくなく、36.7℃の温度で数週間にわたって安定して働き、血中のニコチンの半減期を通常の2〜4時間から9〜15分に減らしたことが示された。なお、血中にニコチンの痕跡が少し残ることで、離脱症状が現れるのを回避するのに役立つ。

学者らは実験をさらに進め、新バージョンの酵素NicA2-J1がニコチン依存症の発症から患者を守るだけでなく、ニコチン依存から抜け出す助けにもなるかどうかを確認する意向。

学者らは実験でラットを使用した。まず、ラットにニコチンを含んだ水を飲む習慣をつけさせ、その後、ニコチンを含んだ水を飲むことに対して電気ショックを与えた。だが痛みを伴う電気ショックでさえも、ラットのニコチン依存を取り除くことはできなかった。しかしラットの血中にNicA2-J1を入れた後、様子が変わった。ラットはもうニコチンに引き付けられなくなったという。

関連ニュース

定期的な喫煙は精神病のリスクを高める

一番効果のある禁煙方法は?

タグ
研究, 健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント