04:56 2018年11月16日
9900万年前のカタツムリの遺骸

学者が9900万年前のカタツムリの遺骸を発見

© 写真 : China University Of Geosciences/Lida Xing
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

研究者グループが琥珀に閉じ込められた9900万年前のカタツムリの遺骸を発見した。遺骸の保存状態はとてもよく、柔組織も残っているという。

スプートニク日本

この研究報告は、オランダの科学誌『カテーセアス・リサーチ(白亜紀研究)』に掲載された。

このカタツムリの遺骸は、ミャンマーで採取された琥珀の研究の際に発見されたもの。ミャンマーでは2000年に化石樹脂の採取が再開されていた。

柔組織は保存されにくいことから、こうした遺骸の発見は極めて稀。

発見されたカタツムリの遺骸は、体長約6ミリ、殻の大きさは5ミリ弱であった。年代は9900万年前、白亜紀後期のものと推測される。

研究者らは、このカタツムリは生きたまま樹脂に落ちたために保存状態がよくなったと推測している。カタツムリが生きたまま樹脂に落ち、そこから這い出そうとしていたことは伸ばされた肢体から分かる。

関連ニュース

マヤ文明の貴重な祭壇が見つかる

クレタ島の農業従事者、古代文明によってつくられた墓への落下を奇跡的に免れる【写真】

タグ
研究, びっくり, おもしろい, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント