08:58 2018年11月16日
デモ

地球温暖化、人種差別根絶を後押し? 研究結果

© REUTERS / Neil Hall
テック&サイエンス
短縮 URL
0 54

米テキサス州ヒューストンにあるライス大学の研究者らが、人口移動により、125年後には人種の違いが消え始めるとする研究結果を公表した。「NBC News Mach」が報じた。

スプートニク日本

研究者らの予測によると、2050年までには気候変動によるアフリカ、南アジア、ラテンアメリカなどからの移民の数は1億4300万人に達する。人々は酷暑、干ばつから、もしくは異常な降水量や海面上昇から逃げるだろう。

研究チームの1人で、ライス大学で教授する生物学者のスコット・ソロモン氏によると、人口移動により、人々が変化を始める。黒い肌や白い肌はもはや存在しなくなり、誰もがオリーブ色や茶色の肌になる。

「人種差別は過去のものになる。5〜10世代後には、人々はお互いに似てくるからだ」

ソロモン氏はさらに、明るい目の色が消滅の危機にさらされると指摘する。

変化は外見だけでなく、身体の内面にも関係する。例えば、将来人類は、マラリア、西ナイル熱および他の疾患が熱帯から温帯に広がりはじめるため、より頑強な免疫が必要になる。

関連ニュース

地球温暖化による一番の「犠牲者」は米国 米大学の調査

タグ
地球温暖化, 自然, 環境
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント