08:57 2018年11月16日
アメリカ軍

AIは常識を学習できるか 米軍の挑戦

© AP Photo / Maya Alleruzzo
テック&サイエンス
短縮 URL
113

米国防総省傘下の国防高等研究計画局(DARPA)は非営利研究団体「アレン人口知能研究所」と合同で、人工知能(AI)に常識を教えようと試みている。「マシン・コモン・センス(Machine Common Sense)」と名づけられたこのプロジェクトは、AIに直観的な能力を学習させることで、人間に近い合理的な判断を下させることを目的とする。

スプートニク日本

AIアルゴリズムにとって答えが明らかではないいくつかの課題を解決する「コンテスト」も開催予定だ。プロジェクトの中心課題は、アルゴリズムにとっては複雑だが、人間は直感的に理解できる単純なことをAIに教えることにある。そうした課題の解決には、AIに必要な経験を積ませるか、完全に課題を説明する必要がある。

DARPAは、前者の解決方法を選んだ。失敗を通じて学習経験を積み、多くの困難な状況の下でも正確な判断ができるよう、人間心理の論理を理解しようとする特別な計算モデルが用いられる。

プロジェクトの責任者で「アレン人口知能研究所」代表のオレン・エツィオーニ氏は、文脈を把握して、人間の次の行動を予測することがAIに求められると指摘。同氏は、「どんな小学生」でもこの問題に答えられるが、AIにはまだ困難だと述べた。困難さを次のレベルに上げるのは、3ヶ月後になる。

「常識は、AIにとって暗黒の物質である」とエッツォーニ氏は指摘し、次のように語った。

「このことを言葉で表すのは難しいが、すべてにその効果を見ることができる」

関連ニュース

グーグル、米国防総省の100億ドル相当のクラウド技術開発の契約入札に参加せず

アマゾン、女性差別があったため、人事を決める際にAIの使用を中止へ

タグ
テクノ, 軍事, アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント